眼鏡をかけた医師

上尾で事故に遭ったときに注意したい交通事故治療について

● SITE MAP ●
サムズアップ

交通事故にあってしまったら

交通事故にあってしまったら車もそうですがまず身体のケアをしていかなければなりません。交通事故で後遺症としてよくあるのがムチウチです。ムチウチは初期治療が大事とされておりはじめに適切な治療を受けないと長引いてしまう傾向にあります。人によっては10年前、20年前の事故の後遺症で悩んでいる人も少なくありません。このような方は初期治療が適切ではなかったか、治療を受けてなかったのではないかと考…

聴診器

物損事故として扱われることもある交通事故

交通事故に遭った際は、現場に駆けつけた警察官に直接事故状況を説明して人身事故であることを伝えるのが必須となります。また、その場で人身事故であることを伝える必要があるので、後から警察に伝えることはできません。他にも、交通事故に遭っても病院に行かないと物損事故として扱われます。ちなみに、交通事故が起こると加害者と被害者は興奮状態になります。それでも、警察が駆けつけたなら当事者で言い争うよ…

物損事故として扱われることもある交通事故

聴診器

交通事故に遭った際は、現場に駆けつけた警察官に直接事故状況を説明して人身事故であることを伝えるのが必須となります。また、その場で人身事故であることを伝える必要があるので、後から警察に伝えることはできません。他にも、交通事故に遭っても病院に行かないと物損事故として扱われます。ちなみに、交通事故が起こると加害者と被害者は興奮状態になります。
それでも、警察が駆けつけたなら当事者で言い争うよりも、優先して人身事故であることを伝えるのが重要になります。また、当事者で言い争っていると交通事故で骨折していても、興奮状態の影響で痛みを感じないこともあるとされます。そして、交通事故で外傷を負ったり骨折した場合は、救急車で病院に搬送されることになります。
交通事故特有の負傷であるむち打ち症になったら、真っ先に医師がいる整形外科に向かうのが基本とされます。なぜなら、医師の診断を受けて診断書を作成してもらうことで、損害補償を請求するのに有利になるからです。さらに、事故に遭った日と診断を受けた日が一致していないと、診断書を作成してもらっても損害補償を請求できないとされます。交通事故が物損事故として扱われないようにするには、現場にいる警察に自ら人身事故だと伝えることと、事故に遭った日に病院で治療を受けるのが重要になります。

● ピックアップコンテンツ ●

● 記事一覧 ●

TOP