眼鏡をかけた医師

上尾で事故に遭ったときに注意したい交通事故治療について

● SITE MAP ●
サムズアップ

交通事故にあってしまったら

交通事故にあってしまったら車もそうですがまず身体のケアをしていかなければなりません。交通事故で後遺症としてよくあるのがムチウチです。ムチウチは初期治療が大事とされておりはじめに適切な治療を受けないと長引いてしまう傾向にあります。人によっては10年前、20年前の事故の後遺症で悩んでいる人も少なくありません。このような方は初期治療が適切ではなかったか、治療を受けてなかったのではないかと考…

聴診器

物損事故として扱われることもある交通事故

交通事故に遭った際は、現場に駆けつけた警察官に直接事故状況を説明して人身事故であることを伝えるのが必須となります。また、その場で人身事故であることを伝える必要があるので、後から警察に伝えることはできません。他にも、交通事故に遭っても病院に行かないと物損事故として扱われます。ちなみに、交通事故が起こると加害者と被害者は興奮状態になります。それでも、警察が駆けつけたなら当事者で言い争うよ…

保険会社への連絡が交通事故治療のポイント

人差し指を立てる医師

日常生活で保険会社に連絡する場面はいくつかありますが、交通事故における連絡は特に重要です。保険会社は事故の一報を受けてから、即座に必要な手続きを進めていき、相手方への連絡や事実関係のチェックと、忙しく動き回ります。保険の種類と加入しているプランによってサービスの内容が異なるので、一度自分の保険証書や契約書を見直してみましょう。
交通事故治療に関わってくる連絡としては、まず事故直後に保険会社の専用ダイヤルへ連絡をする義務があるので、最低限の救護措置などが終わった時点ですぐに電話をかけるのが必須事項です。警察への連絡とほぼ同じタイミングで行うのがベストであり、予め自分のスマートフォンや携帯電話に緊急連絡先として登録しておくことをお勧めします。連絡をした保険会社からは、次に行うべきことを教えてくれるので、落ち着いて病院などで交通事故治療を受けられます。
その交通事故についてのトラブルが解決するまで、保険会社の担当者と連絡を取り合う形になるから、担当者の部署と名前、直通の電話番号も一時的に登録しておきましょう。交通事故治療をしている間も、定期的に保険会社に連絡をすることが多く、転院といった保険金に関係する事柄については事前に報告するのがマナーです。

● ピックアップコンテンツ ●

● 記事一覧 ●

TOP