眼鏡をかけた医師

上尾で事故に遭ったときに注意したい交通事故治療について

● SITE MAP ●
サムズアップ

交通事故にあってしまったら

交通事故にあってしまったら車もそうですがまず身体のケアをしていかなければなりません。交通事故で後遺症としてよくあるのがムチウチです。ムチウチは初期治療が大事とされておりはじめに適切な治療を受けないと長引いてしまう傾向にあります。人によっては10年前、20年前の事故の後遺症で悩んでいる人も少なくありません。このような方は初期治療が適切ではなかったか、治療を受けてなかったのではないかと考…

聴診器

物損事故として扱われることもある交通事故

交通事故に遭った際は、現場に駆けつけた警察官に直接事故状況を説明して人身事故であることを伝えるのが必須となります。また、その場で人身事故であることを伝える必要があるので、後から警察に伝えることはできません。他にも、交通事故に遭っても病院に行かないと物損事故として扱われます。ちなみに、交通事故が起こると加害者と被害者は興奮状態になります。それでも、警察が駆けつけたなら当事者で言い争うよ…

交通事故のけがに関して

案内する看護師

交通事故の怪我のパターンとして、大きく分けて2パターンあると思います。自爆という自分の責任による事故の怪我と、他人に巻き込まれて交通事故被害者としての怪我です。どちらも基本的に頭を打ったりした場合は、交通事故治療のためにCTや必要な場合MRIを取るべきです。自爆の場合軽く見がちですが、医師の指示通りに治療は受けた方が良いです。自爆の場合後から問題がでても自分に責任があるので、特に問題は無いです。
しかし、2パターン目の他人に巻き込まれて事故した場合は責任を相手に取ってもらうので、どこかで完治したという時期に示談をしなければならないですし、後遺症が残る場合も後遺症の示談をしなければなりません。要するに自爆のときと比べて、よりいっそう医師にちゃんと症状を見てもらい交通事故治療をする必要があります。特にむち打ちなどは3日遅れで症状が出たりします。
むち打ちは基本的に3か月以内に治ることが標準です。ですので、上尾の病院だけでなくどこの病院もむち打ちの場合リハビリしていると途中でMRIの検査を薦められます。薦められない病院はおかしいと思ってください。MRIの検査は非常に大事で、これによって神経や骨の破損や変形の有る無しが分かります。検査結果を待ってから示談にするように慎重にして下さい。もしリハビリがしんどいようでしたらその所要時間を短くして欲しい旨を先生に伝えるといいです。上尾にはしっかり対応してくれる病院があります。上尾の病院で交通事故治療をする際はしっかりと医師に症状などを伝えましょう。

交通事故でよく起こる症例

上尾だけでなく全国的に多い交通事故。誰もがあいたくないものですが、運悪く交通事故にあってしまい、さらに怪我をしてしまうということも多いです。上尾で交通事故にあってしまったらしっかりと病院に行き交通事故治療をしましょう。
実際交通事故で起こる症例にはどのようなものがあるでしょうか。まず、よくある症例としては骨折があります。骨折の原因となる事故は様々です。部位も様々ですが意外に多いのが鎖骨や肩の骨折です。これは自転車やバイクが自動車と接触事故を起こし転倒をしたときに、肩を打ちつけるために骨折を起こすことがあります。また同じ原因で肩や鎖骨の脱臼も症例が非常に多くなっています。また、車同士の事故で後ろから追突をされた時に多い症例がむちうちです。強い衝撃を受けることにより頚部を損傷する為、頚部捻挫や頚部挫傷とも言われています。また痛みだけではなく、むちうちが原因で頭痛や吐き気、めまいなどの症状を起こすこともあります。
そして足の症例もとても多いです。足の症例は交通事故で直接打ち付けること以外にも、急な事故により反射的に足に思わぬ力が入ることで負担がかかり症状を引き起こす場合もあります。骨折や脱臼、捻挫の他にも指や足を失うということもあります。他にも事故により頭部に衝撃を受けることにより脳に障害を引き起こす場合もあります。色々な症状があります、素人には想像もつかないような後遺症もあるのでしっかりと交通事故治療をしてください。上尾にいる医師はしっかりと話を聞いてくれますので些細なことでも交通事故治療のために話しましょう。

交通事故で治療を受ける時に注意をしたい事

上尾で交通事故に遭ってしまい、怪我をした時には交通事故治療が必要になります。また、見た目には何もない、痛みを感じない場合でも病院などの医療機関で診察を受ける事が大切です。まず、見た目では傷がなくても、痛みがなくても後から症状が現れる場合がありますので注意が必要です。まずは上尾の病院で診察を受けて、後からでも通院が可能になるように手配しておく事が必要になります。
後遺症などが残った場合であっても、最初に通院していない場合には保険会社は事故とは無関係と扱いますので、必ず最初に診察を受けるようにしてください。次に、怪我をしている場合や痛みを感じる場合、必ず医療機関で交通事故治療を受けて下さい。こちらも後遺症が残る可能性は十分にありますので、徹底した検査が必要になります。
この場合の検査費用は保険会社が負担しますので、経済的な負担はありません。安心して検査を受けられます。そして、検査が終わり入院の必要が無い場合には通院になりますが、通院をしている時に痛みが無くなっても、医師が完治したと言うまでは必ず通院して下さい。これは慰謝料にも関わります。そして、後遺症にも関わりますので、とても重要な事です。自分の判断で通院を止めてしまってはいけない事に注意してください。上尾にいる医師はしっかりと交通事故治療をしてくれます。完治までは絶対に通いましょう。

● ピックアップコンテンツ ●

● 記事一覧 ●

TOP